top_img_b.jpg
round-logo_edited.png
sds symbol mark.png
pt_with you.png
▪️ボランティア犬はどんなことをやるの?

たとえば『ふれあい体験会』では…

こどもたちがルールに従ったやり方で、優しくなでてきますので、静かにふれあいをさせてください。レクチャー(2重リード)を受けたこどもたちと決まったコースを一緒に歩かせてください(お散歩のリードをもつ体験)。希望者には、だっこのやり方を教えて、お膝の上にのせてだっこをさせてください。

【対応できる犬】

とても人気があるのが、こどもと犬とのツーショット写真を撮らせてください。

【保護者見学時】

その他、こどもが投げたボールやおもちゃを回収してきてもらったり、お座りやマテ、おいでの指示で動いてもらったり、こどもたちからご褒美のおやつを食べてもらったりをお願いしています。

ふれあい活動までの流れ(例)

① ボランティア犬エントリーを行ってください。

       ↓

② 事個別説明会にご参加ください

       ↓

 ③ ご参加いただくチームをオファーします。1チーム(4~5頭)

       ↓ 

 ④ 参加がきまったら。

       ↓

 ⑤ イベントリーダーより、プログラム内容、会場詳細、

 わんちゃんの出番(やっていただくこと)のご案内をさせいただきます。

       ↓

 ⑥ わんちゃんのプロフィール画像を事務局に送付してください。

 会場掲示のA3プロフ画と学習帳に載せていきます。

       ↓

⑦ 体験会当日、会場に愛犬と一緒に起こしください。

       ↓

⑧ 会場に着いたら、排泄や散歩を済ませてから会場にお入りください。

       ↓

⑨ わんちゃんが落ち着き始めたら、会場準備をお手伝いしていただけると助かります。

       ↓

⑩ 会場準備ができ次第、チームでリハーサルを行い、動き方を確認していただきます。